2010年4月27日火曜日

revokoの晴耕雨読 「女生徒」

女の子は多忙な生きものだ

朝からドキドキしたり、
ドギマギしたり、ハラハラしたり、
いい子になったり、反省したり、
可愛らしくなったかと思えば、
意地悪になったり、
スネたり、イジケたり、
優しくなったり、甘えたり、
いい格好したり、ちょっと見栄をはってみたり
恥ずかしがったり、図々しかったり、
自分が大嫌いになったり、大好きになったり、
自分でも
「まったく嫌になっちゃう」
生きものなのだ。

20代も30代も40代になっても
ここに変わらぬ女の性を見つける
きっと50代も60代も70代になっても
相変わらず
「まったく嫌になっちゃう」
のだろうな〜。

きのう縫い上げた新しい下着を着る。
胸のところに、
小さい白い薔薇ばらの花を刺繍ししゅうして置いた。
上衣を着ちゃうと、この刺繍見えなくなる。
誰にもわからない。
得意である。
(女生徒 太宰治著より抜粋)

0 件のコメント:

コメントを投稿