2011年4月23日土曜日

NYのREVOKOは鶴を折る


日本

ふるさと

わたしは日本人なのに、日本にいない。
遠い遠い海のむこう、アメリカで暮らしている


海外で暮らす日本人にとって、わたしたちは自分たちのふるさとを、
これほどまでに深く想い、祈り、誇りに思った事はなかったんじゃないか。
同時に日本人とは、国民性、皇室、政府、欲と忍、恥と勇、
世界の中での日本、
いろいろと日々考え、気づく事が多い。


スカイプのむこうの家族を抱きしめられないし、
必要としている手に必要としているものを「そこ」に持って行けないし、
「そこ」へ行って、やりなおすお手伝いを一緒にできないし、
国際報道規制の狭間で憂いでばかりいられないし、
泣いてばかりもいられない。
何者かを責めたところできりがない。
いてもたってもいられない。
胸の中いっぱいの、遠すぎるふるさとに、
ここでできるなにかをしなきゃ。


そういう想いを分かち合いたくて、
NYブルックリンで‘アーティスト’として暮らす大和撫子たちが集まった。

そして一緒に鶴を折りはじめた。

まず、小春日和の日曜日、ご近所憩いの公園で
待望の春にウキウキのウィリアムスバーグおしゃれさん地区で
ニューヨークの人たちと一緒に鶴を折った。


「We LOVE you JAPAN !! 」

みんな、みんな、ほんとにみんな、声をかけてくれる。
小さな男の子が
ポケットの中から丁寧に小銭を出して恥ずかしそうに募金箱に入れてくれた。
すてきな大人のカップルが無言で$100札(1万円)入れていってくれた。
妖精みたいな少女たちは
キャンディーみたいに色とりどりの折り鶴に目をキラキラさせて
JAPANという不思議な響きの国のあそびORIGAMIでBIRDを折るのを習った。



折り鶴たちが、キラキラでコーティングした日本への愛と祈りを、
たくさんたくさんNYの人たちといっしょになって、
たくさんたくさん日本におくります。
実は、ふふふ。
たくさんたくさんしたいことがあります。


まずは8月、NYで七夕祭りをしちゃいたいなーとか
仙台の七夕祭り、世界に誇れる日本のお祭り。
巨大な千羽鶴  みんなでつくろうwishing tree

これからちくいちご報告いたします。


しばらく日本のREVOKOたちが静かだったからさ、
実はとっても心配してたよ。
でも鶴折ってた。
世界中のみんなの祈り送ってる。
「gambatte !」ってもうすぐ地球語になるよ。

お風呂の中で「ふるさと」を歌ってみたのはきみだけじゃないからね。

LOVE and LIGHT from REVO鶴 NY


2011年4月21日木曜日

REVOKOのあなたの太陽はどこにある?


太陽が牡牛座に入りました


REVOKOLOGY

by johnny楓
with revoko

2011年4月19日火曜日

気をつけなさい

思考に気をつけなさい。それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい。それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい。それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい。それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい。それはいつか運命になるから。


あれから

たくさんの意見を聞き、たくさんのニュースを読んだ。

その中で一番響いたのが、このマザーテレサの言葉。

こんなシンプルな言葉なのに。

誰かを的に絞って攻撃するのは容易い。

でもアタシがしたいのはそんなことではない。

アタシにとって「愛」とは、相手を理解したいと思って努力
する姿勢を保つこと。

きっと変わる。

変わりつつある。

思考がこんなに変わったのだから、運命も変わる。

でもそのプロセスはきっと人それぞれ。

2011年4月17日日曜日

文化はだれのもの?そして政治は商いをすべきか?

わけのわからない体中の痣はようやく消えたけれど

日本はまだやたらとふるえている

からだの震えなのか地震なのか

枕元のコップの水面を見つめながら

いつまでこの地球との対話がつづくのか

この日本に住むかぎりそれは永遠なのか


REVOKOLOGYの視点で世の中を見つめるさなか

水星逆行中の選挙結果に

これでも日本は変わっていなかったのかと

落胆したのも正直なところ

もう20世紀は二度と来ないのに

新しい時代はすでにここにあるのに


二度目の満月をむかえようとしている今

被災地に日本なりのブルカ(のようなもの)があってもいいのではないかと想いはじめた

着替えをするとき

赤ちゃんにおっぱいをあげるとき

泣きたいとき

異文化のもとにうまれたものもその構造を拝借することで

あたらしい存在がうまれる

それでもいいのではないか


そんな矢先

フランスではそのブルカの着用を禁止する法が施行されたことをきく。

まずはこの記事とニカブガールのビデオをご覧ください。

http://www.rue89japon.com/?p=4865


決してフランスが嫌いなわけではないけれど

リビアへの出動、震災いや人災後のAREVA CEOのエスコート来日、

そしてこのブルカ禁止法

この不景気で文化が売り物にならなくなって農業ではにっちもさっちもいかなくなって

軍事産業にしかたよれなくなった国のチャチャいれに恐怖心をおぼえる。


脱線かもしれないが、

日本の原発でできたプルトニウムがフランスにひきとられ核兵器に使用されているそうだ

日本は戦争をしない国ではなかったのか。

戦争をしないということはいったいどういうことなのか。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html#about

(平井憲夫さんのこのサイトは長文ですが今だからこそぜひすべてよんでくたさい。)


こういった陰に潜んだ利権の取引に今までは

自分は関与しなければよい、わたしはちがう世界、で済ませていたけれど

どうやらそんな他人事ではいられなくなってしまった。

うそだったんだねと責めるより

何も知らなかった無知を恥じることも必要。

なにもフランスだけの話ではなく

あなたの国でも、ここ日本でも。

もうズラのシドロモドロの奥歯になにか挟まったような会見を

素直に信じるようなオボコな年頃は疾うにすぎた。


もとに戻って、

自分たちの選んだ路を生き方を発言することができる?

もういちど問いただしてみることはある?

わたしたちの営みやそこから生まれた文化はいったい何のためにある?

それを他人にどうのこうのいわれるなんてたまったもんじゃないでしょ。

このかわいいニカブガールズはピンヒールで地球を蹴って歩いている


会ったこともない、顔もしらない世界中の人々が

今、日本のために祈りつづけてくださっている。

この目にみえないありがたさあたたかさを感じるのは

わたしたちがこのちいさな国、地震列島に着実に足をつけて生きるからこそ。

みんな、ありがとう。合掌

2011年4月7日木曜日

LOVE from NY


NY から 日本へ 愛とお金とアートをおくります。