2009年9月30日水曜日

2009年9月29日火曜日

REVOなパートナーシップ



ちいちゃくて見えないかな?
写真の左側にいるのが
ニキ・ド・サンファル
右側にいるのが
増田静江さん

増田静江さんは諏訪高原にある
ニキ美術館の館長さん
残念ながら今年のはじめに
この世をチェックアウトなさいました

今年の夏、もうすぐ閉館となる頃ニキ美術館を訪れ
ニキの作品に圧倒されながらも
私の中にある浮かんだままのパズルのいくつかが
見事にはまり出したことに
少々浮かれ気分でウキウキし過ぎ
時間の許す限り館内で作品と鬼ごっこしました

私はお行儀よく列に並んでみんなが同じように
作品鑑賞するような美術館が
嫌いです
せっかくの対話の時間が中断されるのが
とても嫌

増田静江さんは本当にすばらしい
美術館をお建てになったと心から思います

表門のたたずまい
そこから美術館につながる森の中をかける小道
奥に見えてくるニキの世界を解放してある建物
すべてが自然のにおいと色、音と調和していた

彼女はニキの作品に挑発されて美術館設立を決めたのだという
彼女達が交わした親愛のある、希望のある
情熱のある手紙の絵や文面から
二人が創り上げたパートナーシップのすばらしさが
興奮と共に伝わってきました

その増田さんの言う「挑発されて」っていうのとてもわかるの
REVOKOったら挑発に弱いのよね
すぐその気になっちゃう
そういう私も挑発されて銀行の残高ゼロにしたことあるもの

でもね、増田さんはスケールがデカイんだわ
隅々まで妥協せず理想を形にした!!!
プロフィールを見ていたら旦那さんは
パルコの創立者ですって。。。
彼女自身も相当なお嬢さまとみた
なーるほどね
(もちろんそれだけで、簡単にできちゃうことではありません)

私、REVOKO美術館で鬼ごっこしたいです
でも、こちらは先立つものはなし
お嬢さまでもなし
やり手の旦那さまがいるわけでもない
自分にそんな根性があるかどうかも怪しいし

さあ、REVOKOならどうする?
む〜〜〜〜〜〜〜だわよ


PS.LAにもう一つ私の大好きな私設美術館があるんです
ここはなんだか通常概念超えてます
また今度そこも紹介しますね

2009年9月27日日曜日

やっぱり踊りたいREVOKO


And Revoko
with the boys you could tell at a glance
You'd say he looks good
let's hope he can dance!!

「キスの下手な男は信用しない」
どこかのRevokoが言いましたとさ
じゃあ
「ダンスの下手な男」は?
let's hope he can dance♥

みなさま、連休中の秋祭り
いっぱい踊り倒しましたか?
私は労働月間でてんてこ舞いでした
なので鼻歌で踊ります
おととしの鼻歌ナンバーより

2009年9月23日水曜日

REVOKOあなたの太陽はどこにある?

ASTROPUNKのREVOKOLOGY

秋色の太陽は天秤座にKICK INし出したようです
太陽を目印にてめぇのスタイルで
思う存分REVOってみませんか?

自分の人生を自分でデザインしてみよー
おー!!!

クリックしないとみれませぬ→
love you all to bits
from revoko

2009年9月22日火曜日

Maya Angelou



最近ではマイケル・ジャクソンの追悼公演で
クイーン・ラティファが彼女の詩を朗読したらしいね
Maya Angelou
彼女は詩人、作家、歴史家、脚本家、映画監督、作曲家
ダンサー、パフォーマー、シンガー、プロデューサー、
そして公民権運動家
多彩な顔を持つアフリカン・アメリカンの女性

私は彼女の詩から多くの勇気をもらう
私の仕事はいろんな人の欲求、考えや思い、喜怒哀楽が言語になって
私の頭を通過していくことを繰り返しているようなところがある
中には私の心にとどまるものもあるが
そうではなくただ通過してゆくものもある
ただそっと通過してくれればいいのだが
時には毒や澱を残していくものもある
そんな時、私は詩を読む
本当だと思える言葉にありつける
仕事の合間のおいしいおやつのように

You may write me down in history

With your bitter, twisted lies,

You may trod me in the very dirt

But still, like dust, I'll rise.


Does my sassiness upset you?

Why are you beset with gloom?

'Cause I walk like I've got oil wells

Pumping in my living room.


Just like moons and like suns,

With the certainty of tides,

Just like hopes springing high,

Still I'll rise.


Did you want to see me broken?

Bowed head and lowered eyes?

Shoulders falling down like teardrops.

Weakened by my soulful cries.


Does my haughtiness offend you?

Don't you take it awful hard

'Cause I laugh like I've got gold mines

Diggin' in my own back yard.


You may shoot me with your words,

You may cut me with your eyes,

You may kill me with your hatefulness,

But still, like air, I'll rise.


Does my sexiness upset you?

Does it come as a surprise

That I dance like I've got diamonds

At the meeting of my thighs?


Out of the huts of history's shame

I rise

Up from a past that's rooted in pain

I rise

I'm a black ocean, leaping and wide,

Welling and swelling I bear in the tide.

Leaving behind nights of terror and fear

I rise

Into a daybreak that's wondrously clear

I rise

Bringing the gifts that my ancestors gave,

I am the dream and the hope of the slave.

I rise

I rise

  I rise. 

Maya angelou 1978


日本の政治も民主党政権になって

本当なら劇的な変化を迎えたはずなのに

そんな実感や感動はまだない

それって私が人より無関心だってことなのかな?

いや、でもふつうに生きている私みたいな人間が

日常生活の中で実感できない変化って本当の変化なのかな?

これからどんどん変わっていくのかなぁ

日本の芸術や文学と政治なんてものとの距離がもっと縮まれば

風穴がもっとバンバン開いていい風吹いてくるかもしれない

雅子様あたりにひとつ先頭切ってがんばってREVOってもらいところなんだけどな

2009年9月10日木曜日

Patti Smith-Dream Of Life


遅ればせながら
Patti Smithの映画Dream Of Lifeを見に行ってきた。

監督のSteven Sebring
とても繊細な緊張と緩和のさじ加減を図りながら
一人の女が紡いだストーリーに寄り添った。
先を行くでもなく後を追うでもなく
中に無理矢理入り込むこともなく
彼女の在るがままを映したような映画だった。

彼女はときどき5歳児のような笑顔を見せる
そうかと思えば
美しく走る馬のような20代のつややかな命を見せつけ
迷いの消えかかる40代の真っすぐな視線を向けては
60代のそこにいる彼女が
なにものにも媚びない
空に浮かぶ雲のような笑顔で笑いかける

やわらかい真綿につつまれた
強くブレない心

彼女に耳打ちされた言葉が蘇る
「私の人生はずっとAdjustmentの連続だった」

逃げないでいる為に
何度こぶしを握りしめたのだろう

私は彼女に一番美しくみえる姿勢で
丁寧におじぎをせずにはいられない

哀しみを置き去り、楽しむことを選んだ彼女は言う
「小さなことがとても大事なの」

2009年9月6日日曜日

you all are gifted


このアイスの棒がどうやってわたしのところに来たのか
なかなか思い出せない。。。
誰かにホイっともらった気がする
誰だったかな?

”you are gifted”
what a lovely message♥

「わたしになんてそんなことできるわけがない」
???
”自分から自由を奪い取ることは最大の罪よ”
この夏パティ・スミスは私にそう耳打ちした

与えられたギフト
大切にしまっておくよりも
みんなとシェアした方がずっとよいはず

so do it already,girl!

すっかり秋ですね
夜風がとても気持ちよい

2009年9月2日水曜日

Malalai Joya

黙ってはいられないレボ子

 お出かけがてらの選挙が実施されその日のお布団に入る頃には結果がでる日本。そこからずっと遠く西にいったところには8月20日に命がけの選挙が実施され、いまだ開票結果が出ていない国もあります。

 Malalai Joyaはアフガニスタンの女性議員、現在停職中。見事にパンチの効いた彼女のマイクロフォンアタックにコードを切られることもしばしば。自国にいる間はアフガニスタン警察の警備のもとブルカをかぶり毎日家をあちこちと移りながら暮らしています。

"You can cut down the flower, but nothing can stop the coming of the spring."
「あなたがたは花を摘みとってしまうことはできるけど春の訪れを止めることはできないのよ。」

http://www.independent.co.uk/news/world/malalai-joya-the-woman-who-will-not-be-silenced-1763127.html

http://www.independent.co.uk/news/world/asia/fighting-afghan-oppression-the-six-lives-of-malalai-joya-1757490.html

the tide is high,but we'er holding on

未来のREVOKOそしてREVOKOを支えるRUDE BOYのみなさまお元気でしょうか?


REVOKOでは6人のPLAYERZの太陽が輝いております。中にはずっと昔から知っている友、最近知り合うようになった友、まだ会ったことのない仲間もいて、その関係性はさまざまです。今REVOKOでは、PLAYERZ6人のそれぞれの太陽がどこにあるのかを知るため、そして知ってもらうためにREVOKO会議が開かれているところです。会議は熱く展開中ですが、おやつの時間もはさみます、お仕事もします、家事もします、愛も育てます、家族のことに時間をさいたりもするし、「何もしない」ことをしたりもしますので、誰が決めたわけではないのですが投稿がしばらくお留守になっています。が、しかし、あなたたちのことを忘れてしまったわけでは決してありません。


みなさま、投稿再開まで今しばらくお待ちください。

言い換えると「熱く震えて待て!」ですな。

 

                                                                 

思い出したことわざ/言いたい事は明日言え

*言いたいことがあってもちょっと待って、ゆっくり考えてから言いなさいということ。