2009年9月22日火曜日

Maya Angelou



最近ではマイケル・ジャクソンの追悼公演で
クイーン・ラティファが彼女の詩を朗読したらしいね
Maya Angelou
彼女は詩人、作家、歴史家、脚本家、映画監督、作曲家
ダンサー、パフォーマー、シンガー、プロデューサー、
そして公民権運動家
多彩な顔を持つアフリカン・アメリカンの女性

私は彼女の詩から多くの勇気をもらう
私の仕事はいろんな人の欲求、考えや思い、喜怒哀楽が言語になって
私の頭を通過していくことを繰り返しているようなところがある
中には私の心にとどまるものもあるが
そうではなくただ通過してゆくものもある
ただそっと通過してくれればいいのだが
時には毒や澱を残していくものもある
そんな時、私は詩を読む
本当だと思える言葉にありつける
仕事の合間のおいしいおやつのように

You may write me down in history

With your bitter, twisted lies,

You may trod me in the very dirt

But still, like dust, I'll rise.


Does my sassiness upset you?

Why are you beset with gloom?

'Cause I walk like I've got oil wells

Pumping in my living room.


Just like moons and like suns,

With the certainty of tides,

Just like hopes springing high,

Still I'll rise.


Did you want to see me broken?

Bowed head and lowered eyes?

Shoulders falling down like teardrops.

Weakened by my soulful cries.


Does my haughtiness offend you?

Don't you take it awful hard

'Cause I laugh like I've got gold mines

Diggin' in my own back yard.


You may shoot me with your words,

You may cut me with your eyes,

You may kill me with your hatefulness,

But still, like air, I'll rise.


Does my sexiness upset you?

Does it come as a surprise

That I dance like I've got diamonds

At the meeting of my thighs?


Out of the huts of history's shame

I rise

Up from a past that's rooted in pain

I rise

I'm a black ocean, leaping and wide,

Welling and swelling I bear in the tide.

Leaving behind nights of terror and fear

I rise

Into a daybreak that's wondrously clear

I rise

Bringing the gifts that my ancestors gave,

I am the dream and the hope of the slave.

I rise

I rise

  I rise. 

Maya angelou 1978


日本の政治も民主党政権になって

本当なら劇的な変化を迎えたはずなのに

そんな実感や感動はまだない

それって私が人より無関心だってことなのかな?

いや、でもふつうに生きている私みたいな人間が

日常生活の中で実感できない変化って本当の変化なのかな?

これからどんどん変わっていくのかなぁ

日本の芸術や文学と政治なんてものとの距離がもっと縮まれば

風穴がもっとバンバン開いていい風吹いてくるかもしれない

雅子様あたりにひとつ先頭切ってがんばってREVOってもらいところなんだけどな

0 件のコメント:

コメントを投稿