2009年7月7日火曜日

開幕!We Are REVOKO!

 今から4年前、mixiで始まったコミュニティ、その名も『レボっ娘。倶楽部』

我らがプリンス、tets筆頭に「男目線で見たインスパイアするかっちょいいギャルたち」をアングラからポップまで、ノージャンルでタイムレスに挙げて称えるだけのユニークなテーマで且つシンプルなコミュニティなのですが、彼らを取り巻く我ら女子チームはひどく共感!してしまい、プロジェクト『レボっ娘。倶楽部』をヴァーチャルからもっと日常のリアルな世界観に連結させようと地下アジトで練りに練って発酵させた“あーだ、こーだ”をそろそろ焼いて食ってみようかという時期を迎え、まだまだその計画の内容と行く末に改良の余地をかなり残し試行錯誤な状態ながらも、今日こうしてプロジェクト『レボっ娘。倶楽部』、改め「REVOKO」を見切り発射でスタートすることとなりました。

mixiの限定された環境から共有性をより求めたブログで、しかもREVOKOって具体的になにさ?!っていうことについては、今後現れるブログの投稿で正体がすこしずつ暴かれて行くことでしょうが(暴かれたい!)、まずは今現在、諜報活動メンバーとしてこのアジト(=ブログ)を構成する面々の5人をざっとご紹介・・・


AB

 水差し屋

スモールなアイデアの売り買い。

政治観:OTHER 宗教観: ZEN BUDDHIST


Tets

 DJ  魚座 奄美系東京人2世

 

chico upp

 クライム・セクレタリー(non japanese speakerのミュージシャン、アーチスト専門のコミュニケーター)

 大好物:ドラ焼き、オープンマイク

 

birdfish 

 B型魚座のラスト・サムライ・ボヘミアン。体裁は芸術家。屋号は浮き世のボードビリアン。

 

 C.Roy

 有閑マダム、ときどき画を描き、どきどきグラフィックデザインもする。


  拠点も生業も様々な我らが、点と点が繋がったようにここで集ったのも、ひとつ強烈な共通項が起因しているのです。

それはおそらく・・・「異端児」的な佇まいだったり発想だったり行動だったり発言だったり、そして生き方そのものだったり・・・特別に社会のルールや秩序から外れているわけではないのですが、いろんな意味で「異端児」。歴史に残るようなイベントに荷担したわけでも貢献したわけでもないのですが、いろんな意味で「革命児」。そんな我らが「割と異端児」そして「革命児半人前」なりにインスパイアを受けた勇気ある女たちと、その出来事やモノ、イベントなどなど・・・縛りは一切なく、時にお茶の間的ポップに、時にシリアスに、時にキュンとなるように、各々の感覚で綴ってゆくことになりそうです!ゆくゆくは5人から世界中へ・・・なんてことになるのが我々「REVOKO」の革命テーマです。そう!革命児の定義はただひとつ!夢を見ながらも現実から目をそらさず、好奇心からエネルギーをチャージして、繋がることでエネルギーを分け合い、世の中より良く、より楽しくなくっちゃ!非常にシンプルなテーマなのです!

今後ともお見知りおきを・・・!!

 

0 件のコメント:

コメントを投稿